エネオスでお得なクレジットカード&ETCカードを比較

MENU

エネオスでお得なクレジットカードを比較でご紹介

エネオスGSのイメージ画像
日本国内でガソリンスタンド数が一番多いENEOS。
必然的に、ENEOSでガソリンや軽油を給油する人の割合が多くなります。

そこで、このページでは、ENEOSでガソリン・軽油・灯油を給油する際に、お得なクレジットカード(ETCカード)をご紹介いたします。

ETCカードは、クレジットカードの追加カードとして発行となりますので、ENEOSでお得なETCカードは、ENEOSでお得なクレジットカードを選んでカードを作ればいいということになります。
ですので、ENEOSでお得なETCカードをお探しの方は、ENEOSでお得なクレジットカードを探していただいて、お申し込み時に同時申し込みすればOKです。同時申し込みでなく、必要になった時に、後日、お申し込みいただいてもOKです。


ENEOSでお得なクレジットカードとして候補にあがるのは、

まず筆頭に上がるのは【ENEOSカード】、

次に、ENEOSはTポイント加盟店であるので、Tポイントが貯まるクレジットカードである【Yahoo JAPANカード】と【ファミマTカード】、

ENEOSと特約店提携をしているクレジットカードである【楽天カード】、【dカード】、【ビューカード】、【JALカード】、【ANAカード】、【東急カード】となります。

ENEOSでの給油時に、値引きされることにこだわるのでしたら【ENEOSカード】が唯一の選択肢となります。

しかし、ポイントやマイルがお得に貯まるクレジットカードも選択肢に入れて検討したいという方は、【ENEOSカード】以外も併せて検討されるといいです。

ENEOSは、他の石油元売りと比べると、多くのクレジットカードと特約店提携をしているので、それだけ選択肢が多くなります。

では、分かりやすく、以下に、比較できる表を掲載いたしたいと思います。

以下の表で、[還元率]という単語が出ますが、例えば、購入代金100円に対して1円の値引きなら、還元率1.0%となります。
また、「1ホイント=1円相当」の価値を持つポイントが、購入代金100円に対して1ポイント付くのなら、同じく還元率1.0%となります。
もし、購入代金200円に対して1ポイント付くのなら、還元率0.5%ということになります。

クレジットカード名 値引き または ホイント付与 [還元率]
ENEOSカード ガソリン・軽油 1リットル2円引き
(灯油は1リットル1円引き)
1リットル120円と仮定して1.66%
楽天カード(楽天ポイント) 100円ごとに2ポイント 1ポイント=1円相当なので2.0%
Yahoo JAPANカード(Tポイント) 200円ごとに3ポイント 1ポイント=1円相当なので1.5%
ファミマTカード(Tポイント) 200円ごとに2ポイント 1ポイント=1円相当なので1.0%
dカード(dポイント) 100円ごとに2ポイント 1ポイント=1円相当なので2.0%
ビューカード(ビューサンクスポイント) 1,000円ごとに4ポイント 1ポイント=2.5円相当なので1.0%
JALカード(JALマイル) 200円ごとに2マイル 1マイル=1.5円相当なので1.5%
ANAカード(ANAマイル+カード会社ポイント) 100円ごとに1マイル+カード会社ポイント1000円ごとに1ポイント 1マイル=1.5円相当なので1.5%+カード会社ポイント1ポイント=5円相当なので0.5%=合計2.0%

比較表は、以上となるのですが、各々のクレジットカードについて、注釈的なものがありますので、以下で、ご説明したいと思います。

エネオスカード

エネオスカード券面

まず、エネオスカードには、カードタイプが3種類あります。
「カードS(スタンダード)」「カードC(キャッシュバック)」「カードP(ポイント)」です。

上記の表での値引き、ガソリン・軽油が1リットルあたり2円引きというのは「カードS(スタンダード)」です。
3枚の中でもっとも発行枚数が多く、カード年会費が実質永年無料となっています。

「カードC(キャッシュバック)」は、ガソリン・軽油が最大1リットルあたり7円引きとなります。
エネオスカードを使えは使うほど、値引き額が大きくなるシステムになっています。
エネオスカードでの月の利用額に応じて、値引き額が大きくなっていて、カード利用月額7万円以上で1リットルあたり7円引きとなります。
公共料金や携帯電話代など月々の支払いをエネオスカードに集約するなどすれば、それで4万円〜5万円になるご家庭も多いのではないでしょうか。
エネオスでの給油値引きを大きくしたい、という方は、「カードC(キャッシュバック)」をお選びになると、さらにお得になります。
ちなみに、カード年会費は、初年度無料、翌年度から1250円(税別)です。

「カードP(ポイント)」は、給油値引きではなく、ポイントがお得に貯まるカードとなっています。
ただし、エネオスでポイントがお得に貯まるだけで、エネオス以外ではされほどお得にポイントは貯まりません。
エネオスでは、「1000円ごとに30ポイント」貯まります。1ポイント=1円相当ですので、ポイント還元率3.0%です。
エネオス以外では「1000円ごとに6ポイント」ですので、0.6%と平凡な還元率となっています。
ちなみに、カード年会費は、初年度無料、翌年度から1250円(税別)です。

1ヶ月に1万円以上エネオスで給油される方は、年会費1250円を支払っても、「カードC(キャッシュバック)」「カードP(ポイント)」の方がお得ななりますが、そうでない方は年会費無料の「カードS(スタンダード)」を選択するのが良いです。

3種類のカードの比較は、エネオスカード公式サイトで確認できますので、アクセスして比較して見てください。

【エネオスカード】は、アップルペイへの登録も可です。

ENEOSカード公式サイト→

楽天カード

エネオスカード券面

楽天カードは、通常の基本ポイント付与「100円ごとに1ポイント」となっていて、ポイント還元率1.0%ということで、高還元率クレジットカードの定番カードとして長らく人気のクレジットカードとなっています。

この楽天カードの『街のポイント加盟店』として、エネエスが加盟しています。よって、エネオスGSで給油の際などに楽天カードで支払うと、通常の基本ポイントの2倍である「100円ごとに2ポイント(2円相当)」の楽天スーパーポイントが貯まります。

したがって、エネオスでガソリン・軽油価格が1リットル100円以下ならばエネオスカードで支払った方がお得ですが、1リットル100円以上の場合は、楽天カードで支払った方がお得なのです。

値引きにこだわらず、エネオスでお得なクレジットカードが欲しいという方は、この【楽天カード】か、楽天カードと同じくエネオスでポイント還元率2.0%の【dカード】のどちらかを選ぶといいです。

ちなみに、【楽天カード】には、楽天ポイントカード機能も搭載されていて、『楽天ポイントカード加盟店』の一つである出光GSでは、楽天カードの提示で「1リットルにつき1ポイント(1円相当)」の楽天スーパーポイントが貯まるのです。

さらに、出光GSでは、ガソリン・軽油・灯油の給油時に、楽天スーパーポイントを「1ポイント=1円」として、1ポイントから支払いに使えるのです。
(エネオスGSでは、楽天スーパーポイントを支払いに使うことはできません)

ということは、エネオスGSで給油時に楽天カード支払いでポイントを貯めて、貯まった楽天スーパーポイントを代金代わりにして給油したいときには出光GSを利用する、という使い分けもできるというわけです。

楽天スーパーポイントは、出光GSなどの『楽天ポイントカード加盟店』以外にも、楽天市場でも使えますし、楽天Edyへ交換して使うこともできます。

エネオスGSと出光GSの使い分けで考えると、普段メインではエネオスGSでガソリン・軽油を給油し、サブで出光GSで給油する、という使い分けをしてもいいわけです。

【楽天カード】は、年会費永年無料で、アップルペイへの登録も可です。

楽天カード公式サイト→

Yahoo! JAPANカード

Yahoo! JAPANカード券面

エネオスGSは、『Tポイント加盟店』となっています。ですので、Tポイントカードを提示すれば、「200円ごとに1ポイント(1円相当)」のTポイントが貯まります。
Tポイントが貯まるクレジットカードなら、クレジット支払いにすると、クレジット支払い分にもTポイントが貯まるようになっています。つまり、提示でTポイント、さらにクレジット決済でTポイントが貯まるというわけです。

以前、Tポイントが貯まるクレジットカードの定番と言えば【ファミマTカード】でしたが、現在は、ファミマでの買い物メインでTポイントを貯めているという方以外は、この【Yahoo! JAPANカード】が、Tポイントが貯まる定番クレジットカードに変わりました。

なぜなら、【Yahoo! JAPANカード】は、通常の基本ポイント付与「100円ごとに1ポイント(1円相当)」となっていて、ポイント還元率1.0%ということで、【楽天カード】と同じく、高還元率クレジットカードの定番カードとなってといるからです。

ですので、エネオスGSで給油の際などに【Yahoo! JAPANカード】で支払うと、「200円ごとに3ポイント(3円相当)」のTポイントが貯まります。
正確には、カード提示で「200円ごとに1ポイント(1円相当)」が付与され、クレジット決済だと、さらにプラス「100円ごとに1ポイント(1円相当)」付与されます。つまり提示&クレジット決済だと、合計で「200円ごとに3ポイン(3円相当)ト」(還元率1.5%)のTポイントが貯まるのです。

還元率で考えれば【ENEOSカード】や【楽天カード】より低いですが、Tポイントを積極的に貯めている、貯まったTポイントをエネオスGSで代金代わりに使いたいという方には、選択肢の一番にあげて良いクレジットカードではないかと思います。

エネオスGSでガソリン・軽油の給油等の際に、Tポイントを「1ポイント=1円」として、1ポイントから支払いに使うことができます

【Yahoo! JAPANカード】は、年会費永年無料で、アップルペイへの登録も可です。

Yahoo! JAPANカード公式サイト→

ファミマTカード

ファミマTカード券面

【ファミマTカード】も、【Yahoo! JAPANカード】と同じく、クレジットカードにTポイントカード機能が搭載されていて、『Tポイント加盟店』で、提示及びクレジット利用でTポイントが貯まるクレジットカードです。

ファミマでは断然Tポイントが貯まるクレジットカードですが、ファミマ以外の『Tポイント加盟店』や、一般のお店などでは、【Yahoo! JAPANカード】の方が2倍の還元率でTポイントが貯まるようになっています。

エネオスGSにおいても、【Yahoo! JAPANカード】が「200円ごとに3ポイント」貯まるのに対し、【ファミマTカード】は「200円ごとに2ポイント(2円相当)」の付与となっています。
正確には、カード提示で「200円ごとに1ポイント(1円相当)」が付与され、クレジット決済だと、さらにプラス「200円ごとに1ポイント(1円相当)」付与されます。つまり提示&クレジット決済だと、合計で「200円ごとに2ポイント(2円相当)」(還元率1.0%)のTポイント付与となっています。

したがって、普段、ファミリーマートでの買い物機会が多く、ファミマをメインにしてTポイントを貯る・使うという方は、エネオスGSにおいて0.5%分のポイントが少ないですが、【Yahoo! JAPANカード】ではなく、【ファミマTカード】という選択肢もありです。

あるいは、【ファミマTカード】と【Yahoo! JAPANカード】の2枚持ちをし、ファミマでは【ファミマTカード】を使い、ファミマ以外では【Yahoo! JAPANカード】を使い、より効率的にTポイントを貯めるという選択肢もありです。

ちなみに、Tポイントは複数枚のカードで貯まったTポイントを、1枚のカードへ移行して合算できます。

また、【ファミマTカード】も【Yahoo! JAPANカード】も、カード年会費永年無料ですので、2枚持っても年会費コストがかかりません。

どちらのカードも、アップルペイへの登録が可です。

ファミマTカード公式サイト→

dカード

dカード券面

テレビCMでの放映も多く、【dカード】を知らないという方も少ないと思いますが、NTTドコモのクレジットカードでありながら、NTTドコモユーザー以外の方も大変お得なクレジットカードとなっています。

ポイント高還元率カードの定番カードとして人気の【楽天カード】と同じく、通常の基本ポイント付与「100円ごとに1ポイント(1円相当)」となっていて、ポイント還元率1.0%なのです。

さらに、ローソンでは、dカードのクレジット決済かdカード付属の「iD」決済をすると、3%割引き+「100円ごとに2ポイント(2円相当)」=合計5%還元となり、とんでもなくお得ということで、ローソンのヘビーユーザーにとっては必携のクレジットカードとなっています。

エネオスGSでの【dカード】会員のお得についてですが、エネオスGSは、『dカード特約店』となっていて、エネオスGSで給油の際などに【dカード】で支払うと、通常の基本ポイントの2倍である「100円ごとに2ポイント(2円相当)」のdポイントが貯まります。

したがって、エネオスでガソリン・軽油価格が1リットル100円以下ならばエネオスカードで支払った方がお得ですが、1リットル100円以上の場合は、【dカード】で支払った方がお得なのです。

値引きにこだわらず、エネオスでお得なクレジットカードが欲しいという方は、この【dカード】か、dカードと同じくエネオスでポイント還元率2.0%の【楽天カード】のどちらかを選ぶといいです。

ちなみに、貯まったdポイントを、エネオスGSで使うことはできません。エネオスGSは、『dカード特約店』ではあるけれど、『dポイント加盟店』ではないからです。

ですので、貯まったdポイントは、ローソンやマクドナルドなどの『dポイント加盟店』で使うといいです。

普段、エネオスGSで給油をし、ローソンやマクドナルドを利用する機会が多いという方は、【dカード】は有力な選択肢となります。

dカードの年会費は初年度費無料、次年度から1,250円(税抜)ですが、ETCカードや「iD」を含み、年1回でも利用があれば次年度も無料になります。年1回の利用と言う低いハードルですので、実質年会費無料です。

アップルペイへの登録も可です。

dカード公式サイト→

「ビュー・スイカ」カード

「ビュー・スイカ」カード券面

JR東日本のクレジットカード会社が発行している【ビューカード】も、『ビューカード特約店』としいエネオスGSと提携をしています。

【ビューカード】は、通常の基本ポイント付与「1000円ごとに2ポイント(5円相当)」となっていて、ポイント還元率0.5%なのでが、『ビューカード特約店』であるエネオスGSで、ガソリン・軽油の給油などの支払い時には2倍の「1000円ごとに4ポイント(10円相当)」ポイント還元率1.0%となります。

(【ビューカード】利用で貯まる「ビューサンクスポイント」は、「1ポイント=2.5円」の価値です)

単純に還元率で考えるのでしたら、【ENEOSカード】【楽天カード】【dカード】【Yahoo JAPANカード】の方がお得なのですが、JR東日本でのクレジット利用が多くSuicaチャージもクレジットチャージしたいという方にとっては、【ビューカード】も選択肢の一枚に入れてもいいでしょう。

【ビューカード】は、JR東日本でのクレジット利用やSuicaチュージ分に関しては、通常の3倍である「1000円ごとにに6ポイント(15円相当)」の付与となります。還元率1.5%になります。Suicaクレジットチャージにおいては最もお得なクレジットカードです。

ですのて、普段、JR東日本での利用やSuicaチャージをクレジットカードでする人は、エネオスGSでは【ビューカード】で支払ってポイントを貯めて、その貯まったポイントを例えばSuicazへチャージして使う、という使い方を考えると、エネオスGSでの支払いに【ビューカード】を使っても良いわけです。

クレジットカードを選ぶ上で、ポイント還元率に注目するのもいいのですが、貯まったポイントをどのように使うのか、という点も併せて考える必要があります。

【「ビュー・スイカ」カード】は、カード年会費477円(税別)です。アップルペイへの登録も可です。

年会費無料で【ビューカード】を作りたい方は、【ビックカメラSuicaカード】を選ぶといいです。

「ビュー・スイカ」カード公式サイト→

ビックカメラSuicaカード公式サイト→

JALカード

JALカード券面

JALマイルを貯めている人にとっては必携のクレジットカードである【JALカード】ですが、『JALカード特約店』としてエネオスGSが提携しています。

エネオスGSでガソリン・軽油を給油した際などに【JALカード】でクレジット決済すると、通常の2倍「200円ごとに2マイル(3円相当)」が貯まります。還元率1.5%です。

【JALカード】の「ショッピングマイル・プレミアム」に入会されていると、さらに2倍、つまり、通常の4倍の「100円ごとに2マイル(3円相当)」が貯まります。還元率3.0%です。

「ショッピングマイル・プレミアム」は、年会費3000円(税別)ですが、ショッピングで貯まるJALマイルが、常に通常の2倍となりますので、JALカードをガンガン使ってJALマイルを貯めたいという方は、年会費3000円(税別)を払っても入会する価値があります。

貯まったJALマイルは、国内線・国際線特典航空券へ交換して航空料金無料で旅行へ出かけたり JALの座席アップグレードにも使えたりするので、JAL搭乗機会が多い方や無料で航空券をゲットしたい方は、持っておいて損はないです。

一方、JALマイルを貯めないし、JALの飛行機に乗ることもないという方にとっては、【JALカード】は選択対象外となります。

【JALカード】は、普通カード、CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、プラチナがあり、各々カード年会費が違います。普通カードの年会費は2,000円(税別)です。

アップルペイへ登録できる【JALカード】は、現在のところ、「JALカードSuica」と「JAL・JCBカード」のみです。

※JALマイルの価値についてですが、マイルの交換先や、交換するマイルの単位によって、かなり上下します。ですので、「1マイル=1.5円相当」は、あくまで目安とお考えください。

JALカード公式サイト→

ANAカード

ANA VISAカード券面

ANAカードは、JALカードのように日本航空系クレジットカード会社が発行しているのではなく、三井住友VISA・Mastercard、JCB、アメリカンエキスプレス、ダイナースカードとの提携でクレジットカードを発行しています。

ここでは、最もカード券種を多く発行している、三井住友VISA・Mastercardとの提携ANAカードである【ANA VISAカード】を例にとってご紹介したいと思います。

エネオスGSは、ANAマイルがお得に貯まる『ANAカードマイルプラス』として提携していて、ガソリン・軽油を給油した際などに【ANA VISAカード】でクレジット決済すると「100円ごとに1マイル(1.5円相当)」が貯まります。還元率1.5%です。

ANAカードの場合は、『ANAカードマイルプラス』でクレジット決済で支払うと、カード会社のポイント+ANAマイル、つまりダブルで貯まるようになっています。

ですので、エネオスGSにて【ANA VISAカード】で支払うと、「100円ごとに1マイル(1.5円相当)」に加えて、三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」が「1000円ごとに1ポイント(5円相当)」還元率0.5%で貯まるのです。

つまり、ANAマイル+ワールドプレゼントポイントで合計すると、ポイント還元率2.0%となります。ワールドプレゼントポイントはANAマイルへ交換できます。

エネオスGSで還元率2.0%は、【楽天カード】【dカード】と同じ還元率です。

したがって、エネオスでガソリン・軽油価格が1リットル100円以下ならばエネオスカードで支払った方がお得ですが、1リットル100円以上の場合は、【ANA VISAカード】で支払った方がお得なのです。

ですので、貯まったANAマイルを、国内線・国際線特典航空券へ交換して航空料金無料で旅行へ出かけたり ANAの座席アップグレードに使いたい方は、【ANA VISAカード】を作って、ガソリン・軽油の給油はエネオスGSでするようにするといいです。

それと、出光GS『ANAカードマイルプラス』として提携しています。ですが、出光石油GSは「200円ごとに1マイル(1.5円相当)」還元率0.75%に加えて、三井住友カードの「ワールドプレゼントポイント」が「1000円ごとに1ポイント(5円相当)」還元率0.5%で貯まります。合計で還元率1.25%となります。
エネオスGSより、0.75%低くなります。

メインでの給油はエネオスGSで、サブとして出光GSを使う、という使い分けもありです。

【ANA VISAカード】は、VISAブランドの他にMastercardブランドを選ぶこともできます。

また、ラインナップも、一般カード、ワイドゴールドカード、ANA VISA Suicaカード、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード、ANA VISAプラチナプレミアムカードと豊富です。

カード年会費も各々違いますが、一般カード、ANA VISA Suicaカード、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの3枚は、2,000円(税別)となっています。

【ANA VISAカード】は、アップルペイへの登録も可です。

※ANAマイルの価値についてですが、マイルの交換先や、交換するマイルの単位によって、かなり上下します。ですので、「1マイル=1.5円相当」は、あくまで目安とお考えください。

ANA VISAカード公式サイト→