学生でもETCカードを作れるの? 申し込めるの?

MENU

学生の方もETCカードを作ることはできます。

高校生を除く、大学生、短大生、大学院生、専門学校生、高専4年・5年生の方はETCカードを作ることができます。

ETCカードを作る時には、クレジットカードを申し込み、追加発行カードとしてETCカードを申し込みますので(クレジットカードとETCカードの同時申し込みが可能です)、必然的に、クレジットカードの入会審査を受けることになります。

しかし、学生の場合は、基本的に収入がありませんので、親権者(親など)が審査対象となります。

ですので、親権者の方が継続的・安定的に収入を得ていて、過去にローンやクレジットカードなどで支払いの延滞・滞納などがなければ審査に通ります。

また、学生の方がクレジットカード・ETCカードを作るには親権者の同意が必要となりますので、親権者の方に電話で確認をする場合もあります。

それと、学生の方は、クレジットカードの利用可能枠は、最大でも30万円とするカード会社がほとんどです。

ETCカードの利用代金や電子マネーへのチャージ代金も、クレジットカードの利用可能枠内ということになります。

この利用可能枠最大30万円では足りない場合、例えば海外旅行へ出かける時などは、一時的に利用可能枠を増やせる制度がほとんどのクレジットカード会社にありますので、海外旅行へ出かけるときなどは「一時増枠」をカード会社へ申し出るといいです。必ず増枠してもらえるという訳ではありませんが、増枠について問い合わせてみるといいです。

ちなみに、当サイトでご紹介しているクレジットカード・ETCカードは、ほぼ全て、学生の方もお申し込みできます。

家族カード発行という選択肢もあります

もし、自分名義のクレジットカード・ETCカードにこだわらないのでしたら、親のクレジットカードの子カードである『家族カード』を発行して、ETCカードも発行するという選択肢もあります。

この場合、既に親がクレジットカードを所有している訳ですので、家族カードとETCカードの発行はスムーズに行われます。

また、利用可能枠も親の利用可能枠内で使えますので、例えば親のクレジットカードの利用可能枠が100万円でしたら、親のカードと家族カードと合せて利用可能枠100万円ということになります。

海外旅行時等のカード利用代金が増えそうなときも、利用可能枠を気にすることなくカードを使えます。

ただ、親が家族カードで使った利用明細を見ることができますので、その辺をどう考えるかということになりますが。