iDが使えるガソリンスタンドとiD(アイディ)対応クレジットカード

MENU

iDが使えるガソリンスタンド

まずはじめに、後払い型電子マネー「iD」は、NTTドコモのおサイフケータイということから、NTTドコモのAndroidスマホ・携帯電話ユーザーでないと使えない電子マネーだと思われがちですが、カード型「iD」を追加カードとして発行できるクレジットカードならNTTドコモユーザーでなくても使えます
また、Apple Pay(アップルペイ)で「iD」支払いができるようになりましたので、NTTドコモユーザーに限らず、iPhoneでApple Pay(アップルペイ)を利用される方も、「iD」での支払いが可能です。
Apple Pay(アップルペイ)で「iD」を利用するには、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードで、さらに「iD」に紐づけられるクレジットカードをApple Pay(アップルペイ)へ登録する必要があります。
このページでは、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードであるかどうかについてもご案内しています。


iDとENEOS、エッソ・モービル・ゼネラル石油の画像

「iD」が使えるガソリンスタンドは、ENEOS(エネオス)と、東燃ゼネラル石油のエッソ・モービル・ゼネラルのガソリンスタンドです。

エッソ・モービル・ゼネラルは、セルフスタンドのみで利用可能となっています。

ENEOSは、セルフスタンドフルサービススタンド(一部使えない店舗もあり)で「iD」支払いに対応しています。

ガソリンスタンドでの「iD」の支払い方

セルフスタンドでは
エッソ・モービル・ゼネラルGSでは、セルフ給油機のSpeedpassマークに「iD」をタッチします。必ず「給油前」にタッチしてください。

エネオスGSでは、セルフ給油機に電子マネーをタッチする場所がありますので、そこへタッチすればOKです。

フルサービススタンドでは
エネオスGSのフルサービススタンドで「iD」を使う場合は、給油前にスタッフにお申し出の上、お客様ご自身で所定の端末に「iD」をタッチしてください。
※「iD」支払いに対応していないお店もあります。また、アップルペイに対応していないお店もあります。

「iD」支払いでポイントが貯まります
「iD」は後払い型電子マネーですので、「iD」での利用代金は、紐付けられたクレジットカードへ請求され引き落とされます。
したがって、「iD」での利用代金に応じて、紐付けられたクレジットカードのポイントが貯まります。

ポイントの貯まり方(ポイント還元率)は、クレジットカードによって異なりますので、ポイント還元率が高いクレジットカードをiDに紐付ければ、ポイントがより貯まりやすいということになります。

「iD」に紐付けられるクレジットカード(iD対応クレジットカード)


dカード
dカードにiD機能が搭載。
Androidスマホ・携帯のiDに紐付けも可能。
アップルペイでもiDに紐付け。

●三井住友VISAカード
iD専用カードの追加発行可能。
Androidスマホ・携帯のiDに紐付けも可能。
アップルペイでもiDに紐付け。

●オリコカード・オリコ「iB (iD×QUICPay)」
オリコカードにiD機能が搭載。
Androidスマホ・携帯のiDに紐付け。
アップルペイの場合はQUICOPayに紐付けとなります。

●イオンカード
スマホ・携帯のiDに紐付け。アップルペイでもiDに紐付け。

●セゾンカード
Androidスマホ・携帯のiDに紐付け。
アップルペイの場合はQUICOPayに紐付けとなります。

●ライフカード
Androidスマホ・携帯のiDに紐付け。
アップルペイでもiDに紐付け。

ファミマTカード
Androidスマホ・携帯のiDに紐付け。
アップルペイでもiDに紐付け。

それでは、一枚ずつご紹介いたします。

dカード

dカードの画像

dカード(Androidスマホ・携帯のiDに紐付け/dカードにiD機能も搭載)
dカード本体に「iD」機能も搭載されているので、NTTドコモユーザーでなくても「iD」を使うことができます
dカードは、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードです。

TVCMでもおなじみの、NTTドコモが発行しているクレジットカードです。
ローソンで買物の際に、クレジット決済またはiD決済をすると3%割引きさらに2%分のポイントがもらえるので、NTTドコモユーザーのみならず、ローソンで買い物頻度が高い人たちの必須カードとなっています。

エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで「iD」で支払うと、「100円ごとに1ポイント」のdポイントが付きます。
dカードのクレジット支払いでも「100円ごとに1ポイント」です。
クレジット払いならフルサービススタンドでも支払いOKです。

ENEOS(エネオス)のスタンドで「iD」で支払うと、「100円ごとに2ポイント」のdポイントが付きます。
dカードのクレジット支払いでも「100円ごとに2ポイント」です。
なぜENEOSはポイントが1ポイント多いかというと、ENEOSは『dカード特約店』だからです。
ですので、dカードやdカード「iD」で支払うのでしたら、ENEOSでガソリン給油をするのがお得です。

ポイントの価値は、1ポイント=1円相当

カード年会費は、初年度年会費無料、次年度から1,250円(税抜)。ですが、ETCカードや「iD」を含み、年1回でも利用があれば次年度も無料になります。ですので、実質年会費無料です。

公式サイトへの画像

dカード詳細ページへの画像

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードの画像

三井住友カード(Androidスマホ・携帯のiDに紐付け/iD専用カードの追加発行可能)
追加カードとして「iDカード」が発行できるので、NTTドコモユーザーでなくても「iD」を使うことができます
ちなみに、「WAONカード」「PiTaPa(ピタパ)」も追加発行できます。

また、三井住友VISAカードは、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードでもあります。

信頼性で選ばれるクレジットカードとしてまずあげられるのが、この三井住友VISAカード。
カードセキュリティ体制が高いので、クレジットカードの不正利用に不安な方はこのカードがオススメ。

エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで「iD」で支払うと、「1000円ごとに1ポイント」付きます。
クレジット支払いでも「1000円ごとに1ポイント」です。
クレジット払いならフルサービススタンドでも支払いOKです。

ENEOS(エネオス)のスタンドで「iD」で支払うと、「1000円ごとに1ポイント」のポイントが付きます。
クレジット支払いでも「1000円ごとに1ポイント」です。

ポイントの価値は、1ポイント=5円相当

カード年会費は、初年度年会費無料、次年度から1,250円(税抜)。ですが、条件により半額、または無料に。

公式サイトへの画像

※三井住友カードが発行する「ANAカード VISA」なら、クレジットカードに「iD」搭載も可能。但し、ANA VISA Suicaカード、ANA TOP&ClubQ PASMO マスターカード除く。

オリコ「iB (iD×QUICPay)」

オリコ「iB (iD×QUICPay)」の画像

(Androidスマホ・携帯のiDに紐付け/オリコカードにiD機能も搭載)

予め「iD」が搭載されているので、NTTドコモユーザーでなくても「iD」を使うことができます

オリコ「iB (iD×QUICPay)」は、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードであるのですが、Apple Pay(アップルペイ)の場合、オリコカードは「QUICPay(クイックペイ)」での支払いとなります。

クレジットカードに、「iD」と「クイックペイ」の両方が搭載されているオリコカード。
「iD」と「クイックペイ」を、使えるお店によって使い分けられるので、かなりのお店で使えるのがうれしいカードです。

エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで「iD」で支払うと、「1000円ごとに1ポイント」付きます。
クレジット支払いでも「1000円ごとに1ポイント」です。
クレジット払いならフルサービススタンドでも支払いOKです。

ENEOS(エネオス)のスタンドで「iD」で支払うと、「1000円ごとに1ポイント」のポイントが付きます。
クレジット支払いでも「1000円ごとに1ポイント」です。

ポイントの価値は、1ポイント=5円相当

カード年会費は、初年度年会費無料、次年度から1,250円(税抜)。ですが、ETCカードや「iD」「クイックペイ」を含み、年1回でも利用があれば次年度も無料になります。ですので、実質年会費無料です。

公式サイトへの画像

イオンカード(WAON一体型)

イオンカード(WAON一体型の画像

(Androidスマホ・携帯のiDに紐付け)
「iD」利用は、NTTドコモのスマホか携帯ユーザーに限られます。

しかし、イオンカードは、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードでもありますので、iPhoneユーザーの方は、NTTドコモユーザーに限らず、イオンカードをApple Pay(アップルペイ)に登録して「iD」を利用することができます。

イオンやマックスバリュをはじめイオングループ店舗で5%割引きデーや毎日ポイント2倍などの特典があり、イオングループ店舗で買い物をする機会が多い方には絶大な人気があるカード。
予め「WAON」が搭載されているので、「iD」と「WAON」が使える両方のお店で使えるのがうれしいカード。

エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで「iD」で支払うと、「200円ごとに1ポイント」付きます。
クレジット支払いでも「200円ごとに1ポイント」です。
クレジット払いならフルサービススタンドでも支払いOKです。

ENEOS(エネオス)のスタンドで「iD」で支払うと、「200円ごとに1ポイント」のポイントが付きます。
クレジット支払いでも「200円ごとに1ポイント」です。

ポイントの価値は、1ポイント=1円相当

カード年会費は、永年無料です。

公式サイトへの画像

セゾンカード
セゾンカードインターナショナル、パルコカード、MUJIカードなどのセゾンカードは、
11/15(水)19:30〜11/28(火)08:59までカード発行を停止致しますが
期間中カード申込の受付は対応可能です(郵送処理のみで対応致します)。
したがいまして、期間中、最短即日発行の対応は実施できません。
また、カード発行は11/28(火)09:00より再開致します。


セゾンカードの画像

(Androidスマホ・携帯のiDに紐付け)
「iD」利用は、NTTドコモのスマホか携帯ユーザーに限られます。

セゾンカードは、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードであるのですが、Apple Pay(アップルペイ)の場合、セゾンカードは「QUICPay(クイックペイ)」での支払いとなります。

セゾンカードが発行するスタンダードカードの「セゾンカード・インターナショナル」は、最短即日発行可能なクレジットカードということで、急ぎでクレジットカードが方が駆け込み寺的に頼りになるカード。
ネットから申し込み後、即日発行でクレジットカードを受け取るには、お近くに「セゾンカウンター」がある「パルコ」や「ららぽーと」がある必要があります。

また、クレジット利用で貯まる「永久不滅ポイント」は、有効期限がないのが人気。

西友・リヴィン・サニーで5%割引きデーもあります。

「iD」利用分常にポイント2倍です。

エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで「iD」で支払うと、「1000円ごとに2ポイント」付きます。
クレジット支払いは「1000円ごとに1ポイント」です。
クレジット払いならフルサービススタンドでも支払いOKです。

ENEOS(エネオス)のスタンドで「iD」で支払うと、「1000円ごとに2ポイント」のポイントが付きます。
クレジット支払いは「1000円ごとに1ポイント」です。

ポイントの価値は、1ポイント=5円相当

カード年会費は、永年無料です。

公式サイトへの画像

※セゾンカードが発行する「PARCOカード」「MUJIカード(無印良品カード)」も「iD」利用が可能です。

ライフカード

ライフカードの画像

(Androidスマホ・携帯のiDに紐付け)
「iD」利用は、NTTドコモのスマホか携帯ユーザーに限られます。

しかし、ライフカードは、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードでもありますので、iPhoneユーザーの方は、NTTドコモユーザーに限らず、ライフカードをApple Pay(アップルペイ)に登録して「iD」を利用することができます。

ライフカードは、使えば使うほどポイントが貯まることで人気のカード。
毎年の誕生月がポイント5倍(ポイント還元率2.5%)ということで、誕生月にまとめ買いしてポイントを多く獲得するためにライフカードを持つという人もいます。
特に、ANAマイルを貯めている人は、ライフカードのポイントをANAマイルへ交換できることから、誕生月専用クレジットカードとして持つ人もいます。

エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで「iD」で支払うと、「1000円ごとに1ポイント(100円毎に0.1ポイント)」付きます。
クレジット支払いでも「1000円ごとに1ポイント(100円毎に0.1ポイント)」です。
クレジット払いならフルサービススタンドでも支払いOKです。

ENEOS(エネオス)のスタンドで「iD」で支払うと、「1000円ごとに1ポイント(100円毎に0.1ポイント)」のポイントが付きます。
クレジット支払いでも「1000円ごとに1ポイント(100円毎に0.1ポイント)」です。

ポイントの価値は、1ポイント=5円相当

カード年会費は、永年無料です。

公式サイトへの画像

※ライフカードには、学生向けに発行している「学生専用ライフカード」もあります。

ファミマTカード

ファミマTカードの画像

(Androidスマホ・携帯のiDに紐付け)
「iD」利用は、NTTドコモのスマホか携帯ユーザーに限られます。

しかし、ファミマカードは、Apple Pay(アップルペイ)対応クレジットカードでもありますので、iPhoneユーザーの方は、NTTドコモユーザーに限らず、ファミマカードをApple Pay(アップルペイ)に登録して「iD」を利用することができます。

ファミマTカードは、ファミマ利用者のみならず、Tポイント加盟店でTポイントを貯めている人たちの定番的クレジットカードとなっています。
Tポイント機能付きクレジットカードで人気・発行枚数ともにNo1です。

もちろん、ファミマでも「iD」での支払いが可能で、「iD」で支払ってもクレジット払いと同じ特典、同じポイント付与となります。

エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで「iD」で支払うと、「200円ごとに1ポイント」のTポイントが付きます。
クレジット支払いでも「100円ごとに1ポイント」です。
クレジット払いならフルサービススタンドでも支払いOKです。

ENEOS(エネオス)のスタンドで「iD」で支払うと、「100円ごとに2ポイント」のTポイントが付きます。
のクレジット支払いでも「100円ごとに2ポイント」です。
なぜENEOSはポイントが1ポイント多いかというと、ENEOSは『Tポイント加盟店』だからです。
ですので、ファミマTカードやファミマTカードの「iD」で支払うのでしたら、ENEOSでガソリン給油をするのがお得です。

ポイントの価値は、1ポイント=1円相当

カード年会費は、永年無料です。

公式サイトへの画像

ファミマTカード詳細ページへの画像