リクルートカードは全ガソリンスタンドで1.2%のポイントが貯まる

MENU

リクルートカードは全ガソリンスタンドで1.2%のポイントが貯まる!

リクルートカードとガソリンスタンドのイメージ画像

リクルートカードの申し込み公式ページ

年会費無料のリクルートカードは基本的にどこで使っても還元率1.2%でポイントが貯まります。
ということは、ガソリンスタンドで給油時にリクルートカードで支払っても、1.2%のポイントが貯まるということです。

エネオスでも、出光でも、コスモ石油でも、シェルでも、エッソ・モービル・ゼネラルでも、あるいは独立系のガソリンスタンドでも、ノンブランドのガソリンスタンドでも、クレジットカードで支払えるところなら、リクルートカードで支払えば、1.2%のポイント貯まるのです。

1.2%とは、「100円毎に1.2ポイント(1.2円相当)」が貯まるということです。
このポイント還元率1.2%は、高還元率という位置づけになります。
(一般的なクレカのポイント還元率は0.5%です)
しかも、リクルートカードは月間の利用合計額に対して1.2%なのです。
買い物ごとにポイントが貯まるのではないので、切り捨てられる端数が少なくなるのです。
年会費無料の最強ポイント高還元率カードと言われる所以です。

高還元率クレジットカードの定番である楽天カードでさえ1.0%、「100円毎に1ポイント(1円相当)」なのです。
しかも、楽天カードは1回の買い物ごとにポイントが貯まるというシステムになっています。
これだと、100円未満の金額が、その都度切り捨てられてしまうのです。

このような比較からも、リクルートカードはポイントが貯まりやすいクレジットカードということが分かると思います。

リクルートポイントはPontaポイントへ等価交換できる

リクルートポイントをPontaポイントへの等価交換のイメージ画像

そして、貯まったポイントの利用ですが、リクルートカードの利用で貯まるリクルートポイントは、Pontaポイントへ等価交換できるのです。(PontaポイントのWEBサイトはリクルートが運営しています)

リクルートポイントは、リクルートグループの「じゃらんnet」「ポンパレモール」「ポットペーパーグルメ」「ホットペーパービューティ」などで使うことができますが、Pontaポイントへ交換することで、使えるお店が格段に増えます。

そこで提案したいのが、貯まったリクルートポイントをPontaポイントへ交換して、Pontaポイント加盟店である「昭和シェル」で使うことです。

リクルートポイント→Pontaポイント→昭和シェルで使う

昭和シェルでガソリン代をPontaポイントで支払うイメージ画像

昭和シェルでガソリンや軽油を給油しているヘビーユーザーの方は、「シェルPontaクレジットカード」「シェルスターレックスカード」でお支払いをされている方も多いと思いますが、またに昭和シェルで給油すれけれど、特にどのガソリンスタンドで給油するか決まっているわけではにいという方は、リクルートカードを上手に利用されるといいと思います。

昭和シェル以外で給油する時はリクルートカードで支払って、リクルートポイントをせっせと貯めて、ある程度貯まったら、リクルートポイントをPontaポイントへ交換して、昭和シェルへ給油に行き、ポイントで給油代金(一部または全部)を支払うのです。こうやってガソリン代を節約することができます。

ポイント交換先のPontaカードはどれでもいいですが、「シェルPontaクレジットカード」を持っていれば、もっともお得に昭和シェルで給油できますのでおすすめです。

「シェルPontaクレジットカード」は、昭和シェルにてカード提示で「1リットルごとに1ポイント(1円相当)」、クレジット決済するとさらに「1リットルごとに1ポイント」貯まります。つまり、クレジット決済すると「1リットルごとに2ポイント(2円相当)」貯まるのです。

リクルートポイントがあまり貯まっていない時に昭和シェルで給油するときには、「シェルPontaクレジットカード」で支払って、Pontaポイントを貯めておく。
リクルートポイントが貯まったら、リクルートポイントをPontaポイントへ交換しておいて、昭和シェルへ給油しに行って、「シェルPontaクレジットカード」を使ってPontaポイントで支払う、というような使い方をすればいいです。

リクルートカード→電子マネー→GSで使う

リクルートカードから電子マネーチャージでポイント2重取りのイメージ画像

また、リクルートカードは「モバイルSuica」「スマートICOCA」「nanaco(ナナコ)」「楽天Edy(エディ)」へのクレジットチャージ分にも1.2%でポイントが貯まります。

電子マネーは加盟店でのお支払い時にもポイントが貯まります。

ということは、
1.リクルートカーでチャージしてポイントが貯まり
2.電子マネーでのお支払い時にもポイントが貯まる
となり、ポイントの2重取りができることになります。

【nanaco】
エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで支払えます。
ガソリン・軽油代金の支払い分には「1リットルにつき1nanacoポイント(1円相当)」、灯油・洗車・オイル交換代金などの支払い分には「100円ごとに1nanacoポイント(1円相当)」が貯まります。

ということは、リクルートカードからnanacoチャージ分に「100円ごとに1.2ポイント(1.2円相当)」、nanaco支払い時に「100円ごとに1ポイント(1円相当)」、合計で「100円ごとに2.2ポイント(2.2円相当)」が貯まるということになります。還元率で言えば2.2%!にもなるのです。
※ガソリン・軽油の給油時には少しポイント還元率は低くなりますが。
【楽天Edy】
エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンド、そして宇佐美石油で支払えます。
ガソリン・軽油などの給油、カー用品購入などいずれのお支払い分にも「200円ごとに1ポイント(1円相当)」が貯まります。

ということは、リクルートカードから楽天Edyチャージ分に「100円ごとに1.2ポイント(1.2円相当)」、楽天Edy支払い時に「200円ごとに1ポイント(1円相当)」、合計で「100円ごとに1.7ポイント(1.7円相当)」が貯まるということになります。還元率で言えば1.7%!になります。
※楽天Edy利用で貯まるポイントは選ぶことができます。楽天スーパーポイント、Pontaポイント、Tポイント、au WALLETポイント、ANAマイル他。
【Suica】
エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで支払いに使えますが、残念ながら、支払い時にポイントは貯まりません。

【ICOCA】
エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドで支払いに使えますが、残念ながら、支払い時にポイントは貯まりません。

以上のことから、リクルートカードでチャージして、ガソリンスタンドで使うには、nanacoが一番お得だということが分かります。楽天Edyは0.5%nanacoより少ないですが、それでも1.7%分のポイントが貯まるので悪くはないです。

したがいまして、エッソ・モービル・ゼネラルでは、リクルートカードでクレジット払いもできますが、nanacoへチャージ、楽天Edyへチャージというひと手間をかければ、さらにポイントが貯まるということになります。

リクルートカード→アップルペイ(QUICPay)→GSで使う

リクルートカードをアップルペイへ登録してGSで使うイメージ画像

リクルートカードは、Mastercardブランド、VISAブランドでしたらアップルペイに登録できます。
リクルートカードはアップルペイへ登録すると、「QUICPay(クイックペイ)」が紐付られます。

ただし、QUICPayは、残念ながら、支払い時にはポイントが貯まりません。
【QUICPay】
エッソ・モービル・ゼネラルのセルフスタンドに加え、エネオス、昭和シェルでも支払いに使えます。エネオス、昭和シェルは、セルフスタンドとフルサービススタンド(一部使えないお店もあり)で支払いに使えます。
財布はあまり持ち歩きたくない、クレジットカードはあまり持ち歩きたくない、という方は、iPhoneを持ってガソリンスタンドへ行き、アップルペイで支払えるので、手軽で便利とも言えます。

アップルペイへリクルートカードを登録すれば、「QUICPay(クイックペイ)」でお支払いの分もカード利用額となり、1.2%のリクルートポイントが貯まります

リクルートカードはもちろんリクルートグループでも断然お得

リクルートグループのイメージ画像

リクルートカードを持つ理由として、ガソリン給油時等を含めて通常ポイント還元率が1.2%なので、普段使いでポイントを有効に貯めたいためにという方もいらっしゃいますが、どうせならねリクルートカードを作ったらリクルートグループのサービスも使ってみるといいです。

例えば、「じゃらんnet」で旅行予約してリクルートカードで支払うと3.2%でポイントが貯まります。「ポンパレモール」なら4.2%以上でポイントが貯まります。

貯まったリクルートポイントも「じゃらんnet」「ポンパレモール」などのリクルートグループサービスで使えます。

「ポンパレモール」は案外お得な値段で商品が販売されていることがあります。
普段、アマゾンや楽天市場などでネットショッピングをしていると、「ポンパレモール」へはなかなかアクセスしないと思いますが、ちょっと覗いてみるとお得な商品が見つかったりします。