MENU

主婦の方もETCカードを作ることはできます。

ETCカードを作る時には、クレジットカードを申し込み、追加発行カードとしてETCカードを申し込みますので、必然的に、クレジットカードの入会審査を受けることになります。

この入会審査で、職業や収入等を審査するのですが、専業主婦の方は、基本的に収入はありませんので、審査の対象が配偶者(夫)となりますので、配偶者の収入等が審査されるということになります。

ですので、配偶者の方が継続的・安定的に収入を得ていて、過去にローンやクレジットカードなどで支払いの延滞・滞納などがなければ審査に通ります。

主婦の方でも、パート等で収入を得ている主婦の方は、ご自身の収入で申請して申し込んでもいいですし、専業主婦として審査対象を配偶者にしても、どちらでもかまいません。

パートで収入が少なめだと審査に落ちる場合もありますし、審査にとおってもカードで使える利用可能枠が低めに設定される場合があります。

ですので、ご自身の収入に不安がある方は、専業主婦として申し込んで配偶者を審査対象にするのも一考です。

また、配偶者が既にクレジットカードを持っている場合は、家族カードを発行してもらい、その家族カードでETCカードを追加発行することも可能です。

ただし、その場合、配偶者の方が利用明細を目にすることが可能となりますので、配偶者に内緒でカード利用したい場合は、ご自身のクレジットカードを作ってETCカードを追加発行するといいです。

もちろん、充分な収入を得ている主婦の方でしたら、ご自身のクレジットカードを作ってETCカードの追加発行をするといいです。

最後に、もう一度審査内容についてですが、クレジットカードの審査は職業や収入だけでなく、過去にローンやクレジットカードの支払いで延滞・滞納がなかったかや、持ち家か賃貸か、居住年数は何年か、現在のローン残高やクレジットカード利用の状況はどうかも、併せて審査されます。

かといって、一般的なクレジットカードは、審査ハードルをそれほど高く設定している訳ではありませんのでご安心ください。

過去3年以内にローンやクレジットカードの支払いで延滞・滞納をしてなければ、収入もそれほど高くなくても審査に通ります。